スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク回避継続もサイバーエージの強い動きが心理的な支えに/マザーズ市況

2月23日(水)15時55分配信 フィスコ
[マザーズ市況]

サイバーA 264,400 ---
Vテクノ 619,000 ---
ボルテージ 1,885 ---
豆蔵OSH 207,800 ---
スタートT 1,302 ---

[マザーズ市況]*15:55JST リスク回避継続もサイバーエージの強い動きが心理的な支えに 本日のマザーズ市場は、中東情勢の悪化による地政学リスクの高まりを受け、リスク回避の動きが継続した。ただし、円高警戒感から内需関連への物色シフトが見られ、サイバーエージ<4751>が利益確定売り一巡後に切り返すなど、強い動きとなったことが心理的な支えとなった。マザーズ指数についても一時プラス圏に切り返したが、警戒感は根強く後場は再度下げに転じ続落。売買代金は概算で270億円だった。 個別では、Vテク<7717>やボルテージ<3639>、豆蔵OSHD<3756>など直近で上昇の大きかった銘柄が利益確定売りに押され下落が目立っていた。また、スタートトゥ<3092>やスカイマーク<9204>、フリービット<3843>など主力株も総じてさえない動き。一方、サイバーエージは、日興が新規に投資判断「1」、目標株価32万4000円でカバレッジを開始したことが支援材料となり堅調推移。そのほか、双日<2768>がTOBを実施すると発表したさくら<3778>は、TOB価格の23万円にサヤ寄せする動きとなりストップ高となった。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/95-76241f0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。