スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場全体のムードは悪くない、週初弱含みなら押し目買いが有効か

2月18日(金)15時51分配信 フィスコ
ソフバンク
Fリテイリ
サイバーA
3,240
12,450
264,000
+50
+110
+15,800

18日の日経平均は小幅ながら5日続伸。6.16円高の10842.80円(出来高概算21億5000万株)で取引を終えた。輸出関連などの上昇一服もあって、やや利食い優勢の展開だったが、その他金融、海運、医薬品、地方銀行など出遅れセクターへの資金流入によって底堅い展開である。

また、約11年ぶりに債券格付けがA格に引き上げられたソフトバンク<9984>やファーストリテ<9983>辺りの強い値動きも日経平均のプラスに貢献している。直近で利食いに押されていたサイバー<4751>など新興市場の主力の一角も切り返しをみせてきており、市場全体のムードは悪くない。

日中の膠着が続いたこともあり、上値の重さが意識されがちではあるが、結局は日経平均は週間で一時300円近く上昇して昨年4月末以来の水準を回復している。先物は「J-GATE」による影響によってギャップ・オープン後の膠着で動きづらいながらも、現物には出遅れているセクターへの資金流入が目立つ。日経平均はテクニカル面での過熱感から一服も見込まれるが、下値切り上げの状況が続いているため、需給状況は良好である。

週明け21日は米国市場がプレジデンツデーの祝日となるため、資金流入は限られる。海外資金の流入による影響が大きいだけに、週前半は売り仕掛け的な動きも出てきそうである。ただ、現在の需給状況からみれば、調整局面では押し目買いが有効になろう。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/84-65e40a61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。