スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好業績銘柄への選別物色が一段と強まりそう/マザーズ市況

2月16日(水)15時59分配信
[マザーズ市況]
現在値
サイバーA
ミクシィ
スタートT
スカイマク
さくらイン
252,800
422,500
1,363
1,307
169,100
---
---
---
---
---

[マザーズ市況]*15:59JST 好業績銘柄への選別物色が一段と強まりそう 本日のマザーズ市場は、決算発表が一巡したことで手掛かり材料に乏しく、方向感に欠ける展開となった。また、物色は東証1部市場の大型株へと向かったことで、主力のネット関連株は利益確定売り優勢に。本日は新興市場の中小型株へのバスケット買いも観測されていたが、ジャスダック市場の好業績銘柄などが中心となった印象で、今後は好業績銘柄への選別物色が一段と強まりそうだ。なお、マザーズ指数は3日ぶりに反落、売買代金は概算で200億円だった。 個別では、直近で強い動きの続いていたサイバーエージ<4751>が利益確定売りに押され4日ぶりに反落。また、ミクシィ<2121>やスタートトゥ<3092>、スカイマーク<9204>など主力株が総じてさえない動きとなった。そのほか、今期業績見通しの上方修正を発表したさくら<3778>も、買い一巡後は出尽くし感から下落に転じた。一方、株式分割のほか、インドに研究用試薬の製造販売子会社を設立すると発表したタカラバイオ<4974>が大幅高。Vテク<7717>はみずほが投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を75万円から80万円へと引き上げたことが好感され強い動きとなった。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/72-1d33f612

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。