スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国GDP、30年に日本の4倍との推計 勢いに差

 日本が1968年から維持してきた世界第2位の経済大国の座を譲ることが確定した。内閣府によると、2010年の名目国内総生産(GDP)の実額は中国が日本を約4000億ドル上回り、米国に次ぐ経済大国の地位が入れ替わった。中国は今後も日本をしのぐ経済成長を続ける公算が大きく、30年には経済規模が日本の4倍に達するとの推計も出ている。

 2000年時点の日本の名目GDPはドル換算で4兆6670億ドル。中国の1兆1980億ドルと4倍近い開きがあった。だが01~10年の日本の平均成長率が実質0.7%にとどまる一方、中国は10.5%に達する。リーマン・ショック後の回復も中国が先行した。

 内閣府の推計では、中国の名目GDPは25年に18兆2050億ドルに達し、18兆ドル弱の米国を上回るという。日本を抜いてから15年後には世界第1位の経済大国の座を占めることになる。

 さらに30年には日本の名目GDPが6兆3550億ドルに増えるのに対し、中国は26兆3550億ドルと日本の4倍に達する計算だ。インドも日本の7割程度まで迫る。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

日本列島は中国に吸収される。

日本がGDPで中国に負けたという事実はそのまま日本の国力が低下したことである。つまり、中国が国力においてすでに日本をしのいでいるとともに、中国がアジアの主人公になったのである。これは歴史の転換点である。もちろん世界は中国をまぶしい目で見つめることになろう。このことは半世紀近く続いた経済大国としての日本の役割が終わるとともに、日本の国際社会における地位が低下していくことに直結する。百四十二年前に欧米化を始めた日本が、まだ欧米化を始めて十年そこそこの中国に負けたことは、非常に重大なことで、日本の欧米化が失敗だったことを示している。なんと二十年前の中国のGDPは日本の十分の一だったのですからね!そんな中国にすらみじめな完敗を喫したのも日本の経済官僚が今までの日本の地位にあぐらをかいて、日本国民を富まそうとしてこなかったことが最大の敗因なのである。公務員が国の運営を完全に誤ったと言える。先人の築いた地位すら守れなかった日本の官僚は中国人に負けた責任をとって全員切腹すべきである。

2011-02-28 00:53 | from ななこ

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/67-bbb3482a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。