スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookのファンページを企業の大きな武器に--多くのファンを獲得する5つの方法

 Facebookのファンページは企業にとって、顧客層を拡大し、ビジネスを加速させるための素晴らしい手段となる。そこで本記事では、より多くのファンを獲得するための方法を紹介する。

 Facebookのファンページは顧客、あるいは潜在的な顧客とのコミュニケーションを充実させるための素晴らしい手段と言える。ファンページを用いることで、自社のサービスを現在利用している人々や、利用することに興味を持ってもらえそうな人々とつながり続けることが可能になる。ファンページを通じたこういった広報活動は、会議室のテーブル越しの対話ではなく、ピクニックテーブルを囲んだ対話だと言ってもよいだろう。ファンページは製品の発表やプロモーション、優待割引、ワークショップ、ウェビナー(ウェブ上で行われるセミナー)などに使用することができる。つまり、大衆に知ってもらいたいと思うほとんどすべての情報は、ファンページから提供することができるというわけだ。

 しかし、あなたが有名人でもない限り、多くの人々にファンページを訪れてもらうには、ちょっとした努力が必要となるはずだ。以下では、新たなファンを獲得するための簡単な方法を紹介する。

#1:招待する

 ファンページに参加してもらう、あるいは「いいね!」ボタンをクリックしてもらうには、招待するのが最も手っ取り早いだろう。この方法はコストがかからないうえに、多くの人々にアピールする最も効果的な方法と言えるはずだ。ファンページに招待するには、少なくとも次の2つの方法がある。

電子メールの署名欄に、Facebookのファンページに関する情報を追記しておく。ただし、情報を盛り込みすぎないように注意してほしい。つまり、できる限りシンプルにしておくべきというわけだ。この方法はさほど押しつけがましくない、単に情報を共有しているだけなのである。
メーリングリストを運営しているのであれば、それを利用して招待するという方法もある。

#2:インターネット上での機会を活用する

 既にウェブサイトを公開していたり、ブログを作成しているのであれば、それらとFacebookのファンページを結び付けるようにしよう。Facebookのソーシャルプラグインを利用することで、ウェブサイトやブログを訪問した人々に対して、ファンページのフィードに目を通してもらう機会を創出するのである。見つけやすい位置にプラグインを配置しておけば、たいていの人は見てみようという気になるはずだ。

 Twitterは頻繁に利用するもののFacebookはそれほどではない、あるいはその逆という人は数多くいる。ファンページ上の新しい情報を定期的にTwitterでもつぶやくようにしよう。ただし、読み手に押しつけがましさを感じさせないように注意してもらいたい。ファンページ上でコンテストや懸賞を実施する際には、必ずTwitterでもその詳細、およびファンページへの招待もつぶやいておくようにしよう。また、自らのTwitterページ上に、Facebookのファンページへのリンクを掲載しておくのもよいだろう。

 予算が許すのであれば、Facebookが提供しているターゲット広告の購入を検討するのもよいだろう。Facebookのすべてのページには、下部に「広告」というリンクがあり、それをクリックすることでターゲット広告の詳細について順を追って学べるページが表示される。この他にも、Googleの広告を購入するという選択肢もある。

 あなた個人のFacebookプロフィールページ上にも、ファンページへのリンクを掲載しておこう。また、関連する他のファンページに参加し、コメントを投稿することで、あなた自身のことについて知ってもらえるようにするとよいだろう。これによってあなた個人のページを見てみようと思う人も出てくるはずだ。ただし、分別をわきまえて行動する必要がある。また、直接競合する相手のページでこういったことを行うべきではないだろう。あまりにも露骨であり、人々の反感を買うことになってしまうはずだ。

#3:オフラインでの機会を見過ごさない

 オフラインにも大きな可能性が潜んでいる。これには視点を少し変えてみるだけでよい。Facebookのファンページに関する情報をプレスリリースに含めたり、テレビCMに登場させたり、新聞や雑誌の広告あるいは記事に掲載したりするといったことが考えられるだろう。また、ファンページに関する情報は、あなたの略歴や名刺、レターヘッド、パンフレット、あるいは請求書にも記載することができるはずだ。

#4:懸賞を実施する

 Facebookファンページで定期的にコンテストを開催したり、懸賞を実施したりしよう。実際のところ、ファンが期待しているのはこういったことかもしれない。最も実用的な賞品は自社のサービスや製品の無償提供ということになるはずだ。それが無理な場合であっても、ノベルティとして関連グッズやアクセサリを賞品にすることができるだろう。こういった賞品は高価である必要もない。ファンにとって興味のある品物であればよいのである。まずファンページでの告知を定期的に行うようにすることをお勧めする。

 コンテストや懸賞にFacebookを利用する場合、取り扱いに注意する必要がある。とは言うものの、こういったコンテストや懸賞そのものはFacebook上で実施しなければならないというわけではない。ファンページの「いいね!」ボタンのクリックを応募条件にしておけばよいだろう。これは、それほどズルいことではない。皆がそういったことを行っているため、人々も慣れっこになっているのである。

#5:楽しみながら続ける

 上記の4つは技術的な性格を持った項目であったが、最後の項目ではFacebookのファンページを楽しむということをお勧めしたい。あなた自身が楽しめば楽しむほど、新たなファンを獲得できるとともに、既存のファンを引き留めておくこともできるはずだ。発信内容はファンページにふさわしいもの(ITプロフェッショナルとして、政治や宗教に関する話題は避けるべきだろう)であるべきものの、とにかく発信することが大事なのである。ファンはあなたからの発信を待っており、それが多ければ多いほど望ましいというわけだ。ファンを退屈させてしまうということは、ファンページが失敗する一番の近道なのである。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/6-094e8a8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。