スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主力銘柄の一角が買われ、売買代金は5日連続300億円超え/JASDAQ市況

16時32分配信 フィスコ
主力銘柄の一角が買われ、売買代金は5日連続300億円超え
現在値
コムチュア 320,000 +50,000
JACリク 7,060 +1,000
竹内製 1,009 +67
Dガレージ 283,200 +26,200
第一精工 4,340 +110

JASDAQ平均:1332.00 (+6.74)
出来高:5173万株
売買代金:333億円
J-Stock Index:1132.21 (+9.14)

 本日のJASDAQ市場は、日経JASDAQ平均、主力株で構成されるJ-Stock Indexは続伸、JASDAQ-TOP20は反発となった。値上がり数は469、値下がり数は333、変わらずは108。売買代金は5日連続300億円超えとなる333億円まで膨らんだ。外部環境の好転を受け、決算銘柄だけではなく主力銘柄の一角にも買いが波及し、しっかりとした展開となった。上値追いの展開となる銘柄もみられ、個人投資家の回転の効いた商いも見られた。

 個別では、コムチュア<3844>、JACR<2124>が上値追いの展開となりストップ高。為替の円安基調が好感されて竹内製作<6432>も昨年7月以来の1000円台を回復した。JASDAQ-TOP20構成銘柄では、Dガレージ<4819>の上昇が目立った。また、東証上場を発表した第一精工<6640>は、新株発行による需給面の悪化にも関わらず買われた。その他、ガンホー<3765>、ポラテクノ<4239>、セブン銀行<8410>もしっかり。一方、通期業績見通しを下方修正した田中化研<4080>の下げが目立った。その他、監理銘柄の指定を受けたゲートウェイ<7708>、決算を通過したリバーエレテク<6666>が売られた。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/53-1670dd9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。