スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォン市場急成長 出荷台数がPC超える

第4四半期にスマートフォンは世界で1億台以上出荷された。SamsungやHTCのAndroid勢が大きく伸びている。

 世界スマートフォン市場は急ペースで成長しており、2010年第4四半期に出荷台数が1億台を超え、PCよりも多くなった。米IDCがこのような調査報告を発表した。

 同四半期の世界スマートフォン出荷台数は前年同期から87.2%伸びて1億90万台となった。IDCのデータでは、同四半期の世界PC出荷台数9200万台を上回った。

 IDCは、Androidが飛躍的に伸び続け、市場全体をけん引していると述べている。HTC、Samsung、Motorolaなど複数のメーカーに採用されていることが同OSの後押しとなっている。

 メーカー別では、トップは依然としてNokiaだが、シェアは38.9%から28%へと大幅に下落している。一方Android端末を提供するSamsungとHTCが出荷台数とシェアを伸ばしている。特にSamsungは出荷が400%以上増えた。

2010年第4四半期のスマートフォンメーカーランキング(単位:百万台)
メーカー4Q10出荷台数4Q10市場シェア(%)4Q09出荷台数4Q09市場シェア(%)出荷台数伸び率(%)
Nokia28.328.020.838.636.1
Apple16.216.18.716.186.2
Research In Motion14.614.510.719.936.4
Samsung9.79.61.83.3438.9
HTC8.68.52.44.5258.3
その他23.523.39.517.6147.4
合計100.9100.053.9100.087.2
(資料:IDC)

 2010年通期のスマートフォン出荷台数は3億260万台と、前年から74.4%伸びた。2011年はメーカー各社のラインアップ拡充に伴い、スマートフォンはさらに伸びるとIDCは見込んでいる。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/35-588d4e5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。