スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影後にピント合わせできるカメラ「Lytro」の第一印象--ソフトウェアが鍵に

「Lytro」は光照射野撮影技術を利用した、新しいデジタルカメラだ。撮影後にピント合わせが可能なこのカメラでは、ソフトウェアが重要な役割を果たしている。

 2011年に人々がデジタル写真の未来について語るきっかけを作ったカメラがあるとしたら、それは「Lytro」だろう。その見た目だけで、これが普通のコンパクトデジタルカメラではないことが分かる。

 すべすべした金属製で、ツートンカラーの箱形、サイズは奥行きが4.4インチ(約11cm)、幅と高さが1.6インチ(約4cm)という外観は、カメラと聞いて思い浮かべるものとはかけ離れている。基本的にこれは、光学8倍ズームで絞り値がF2.0のレンズを備えた金属チューブだ。

 Lytroは操作もシンプルで、電源ボタンとシャッターボタン、ズーム調節用の小型のタッチセンサ式スライダ、そして露出やフレーミング、撮影した写真を表示するための1.5インチタッチスクリーンLCDだけしか使わない。バッテリとメモリ(8Gバイトで約350枚、16Gバイトで約750枚の写真が保存可能)はどちらも内蔵式で取り外しは不可能であり、充電やデータ転送にはmicroUSBポートが使われている。しかし、その内側は非常に面白い。



 Lytroでは、ほかのデジタル撮像装置やデジタルカメラに見られる従来のセンサ設計の代わりに、光照射野撮影と呼ばれる技術が使われている。ここではその科学的側面について詳しく説明することは避けるが、この技術のおかげで、Lytroは焦点を合わせることなくすぐに撮影できる。これが可能なのは、Lytroは複数方向からの光を集め、それをカメラや処理ソフトウェアで変換することで、基本的には撮影したあらゆるものの3Dマップを作成しているからだ。

 Lytro Cameraの新機能

 オートフォーカスやシャッターのタイムラグは、普通のコンパクトカメラにとっては大きな障害である。そのため、最低価格が399ドルと高くても、その難しい問題をなくすという点は確かにLytroの売りになる。これまでに、カメラのピントを合わせている間にどれだけ多くのシャッターチャンスを逃してきただろうか。さらにひどい話としては、せっかく撮ったのに、被写体が完全にピンぼけだったと後で気づいた写真はどれだけあっただろうか。そう考えると、まず撮影して、後からピント合わせができるという機能が、スナップ撮影にとって画期的である理由がよく分かる。



 簡単なスナップ撮影以上のものを求めるなら、このカメラには光学8倍ズームを利用できるクリエイティブモードがある。デフォルトモードで使えるのは3倍ズームのみで、機能は初期設定の範囲に限定されている。クリエイティブモードでは、近距離の被写体に焦点を合わせるマクロ撮影や背景をぼかしたポートレイト撮影、さらには焦点を決めてから、それを変えずにズームインやズームアウトして撮影することが可能だ。

 しかし、撮影した後に手にするのは一般的な写真ではない。それは、Lytroが「Living Picture」(生きた写真)と呼ぶもので、Lytroのソフトウェアを使ってその画像の焦点を何度でも調節できる。写真の好きな領域をクリックすれば、その部分に焦点が合う。これによって、写真にはほかでは得られないレベルの双方向性がもたらされる。

 Lytroでの撮影や、画像の処理と使用には、ソフトウェアの果たす役割が大きい。普通のデジタルカメラで生成されるのは、さまざまな画像編集プログラムで処理可能なJPEGファイルやRAWファイルだが、Lytroが生成するのは、LFPファイルだ(基本的にRAWファイルに相当)。LFPファイルの場合、カメラから画像をアンロードしたり、共有用に処理するためにはLytro専用のソフトウェアが必要になる。これにはメリットとデメリットの両方がある。



 メリットは、ユーザーがLytroカメラで撮影したオリジナルの画像データを扱うため、Lytroは新しい編集ツールを追加したり、Living Pictureを処理する別の方法を開発したりし続けられることだ。これは、今撮影した写真が、将来的に改善される可能性を秘めているということでもある。ソフトウェアが良くなれば、撮影した画像も良くなる。その分かりやすい例として、現在のソフトウェアではすべてに焦点を合わせることはできないが、Lytroによれば、2012年前半に行われるアップデートによって、それが可能になるという。別のソフトウェアアップデートでは、視点移動機能が追加され、画像をクリックし、ドラッグするだけで、写真のアングルを少し変えられるようになるだろう。それを何度かくり返すことで、3D効果が実現できる。

 デメリットは、Lytroの思いのままになってしまうことだ。ユーザーは、同社が使わせたいと考える編集機能や、同社のソフトウェア開発スケジュールに翻弄される。例えば、そのデスクトップソフトウェアは「Mac OS 10.6.6」以上を必要としており、「Windows」版はない。Windows版は開発中だが(明確なスケジュールは依然として決まっていない)、写真のアンロードにはソフトウェアが必要なので、WindowsユーザーはLiving Pictureをカメラから取り出せないことになる。

 また、素晴らしい写真が撮れたので、印刷したり、Lytroの閲覧ソフト以外で使ったりしたいという場合には、その画像を1.2メガピクセルの小さなJPEGファイルに変換できるのだが、現在のLiving Pictureの画質から判断すると、それほど便利でもなさそうだ。Living Pictureは、コンピュータ上で表示したり、オンラインで共有したりして、ユーザーや家族、友人がいろいろと操作できるように作られている。そのため、このデメリットや、例えば気に入っているソフトウェアのエフェクトを使えないことを理由に、Lytroの購入を見合わせるとしても、実際のところそれはユーザーの考え方次第だ。

 Lytroは、可能性について語る一方で、何も約束しないというのが非常に得意だ。典型的な例として、LytroはWi-FiやBluetooth機能を備えたチップを搭載していることは認めたが、それ以上のことは何も述べていない。筆者は実現しない機能を約束するのは聞きたくないので、これは公平なやり方だ。しかし一方で、いつの日か、Lytroに余裕ができたときに欲しい機能が搭載されるかもしれない、というコンパクトカメラを400ドルで買うのもかなりの賭けだと言える。おそらく、第1次世代製品のアーリーアダプターとはそういうものなのだろう。

 米CNET編集者注:この記事に埋め込まれているLytroの画像は、Brian Tong記者が撮影した。Lytroが2012年に提供する新しい機能や性能の詳しい情報、および実践的な動画やサンプル写真は、近日中に発表される予定だ。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/313-ca84881e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。