スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急! 菅-仙谷の策謀を糾弾せよ!!!

誰もがびっくりするニュースが永田町を駆け巡った。
最初は、大島理森自民党副総裁の震災対策担当相への起用。
続いて、自民党の谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請。
最初のニュースの発信源は産経新聞で、次は読売新聞。

政府・民主党は18日、東日本大震災と福島第1原発の事故への内閣の対応能力を強化するため、閣僚数の上限を17人と定める内閣法を改正し、当面閣僚を3人増員する方針を固め、野党側に協力を求めた。政府・民主党は自民党に対し、大島理森同党副総裁の震災対策担当相への起用を打診した。ただ自民党は、菅直人首相の失策の責任がうやむやにされる可能性があるとして拒否する構えだ。

政府・民主党は震災対策担当相や原発事故担当の特命相の新設を想定している。大島氏に加えて国民新党の亀井静香代表の副総理格での起用や仙谷由人官房副長官の入閣を検討している。

民主党の岡田克也幹事長は18日、東日本大震災に関する政府と与野党の合同会議で閣僚増員を提案し、野党から反対意見はなかったが、各党が持ち帰って検討することになった。

岡田氏は閣僚増員と合わせて内閣府副大臣・政務官、首相補佐官を増員することも提案した。政府・民主党は3月中に内閣法を改正し、ただちに増員したい考えだ。

大島氏は衆院青森3区選出で、被災地の青森県八戸市出身。幹事長や国会対策委員長を務め、与野党や省庁に幅広い人脈を持つことも打診の理由とみられる。自民党は震災対応で政権への協力姿勢を鮮明にしているが、子ども手当など民主党の重要政策を批判しており、入閣で大連立政権を組むことには慎重だ。

政府・民主、「大島理森震災担当相」打診、自民は拒否へ
(2011.3.19 01:30 産経新聞)

菅首相(民主党代表)が東日本巨大地震と東京電力福島第一原子力発電所での事故を受け、自民党の谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請していたことが18日、明らかになった。

谷垣氏側は拒否した。

これに関連し、民主党の岡田幹事長は同日、国会内で開いた「各党・政府震災対策合同会議」で、閣僚の3人増員を柱とする内閣法改正を提案した。3ポストは原発問題担当と復興担当、被災者支援担当が念頭にあるとみられ、野党側も大半は増員には賛成する方向だ。

谷垣氏への入閣要請は、首相周辺から関係者を通じて自民党幹部に伝えられた。谷垣氏側は「入閣は大連立と同じで、責任の所在が不明確になるだけだ」として拒否した。

これを受け、首相は与党から新ポストへの起用を目指す意向だ。仙谷由人官房副長官や国民新党の亀井代表らの名前が取りざたされている。

岡田氏は合同会議で、副大臣、政務官、首相補佐官を増やすことも提案した。

首相、谷垣氏に入閣要請…大連立と同じと拒否
(2011年3月19日03時06分 読売新聞)

ありえない!
絶対にありえない!!!
自民党総裁が原発問題担当相!
同党副総裁が震災対策担当相!!!

こんなバカな話があるか!
原発と震災、今、もっとも国内の、いや世界の耳目を集めている出来事だ。
政府・与党が全身全霊をかけて取り組むべき仕事である。
それを野党にまる投げ???

ふざけるんじゃねえ!!!
と、怒りを爆発させていたら、「謀略的ガセネタ」だと!

「谷垣総裁、大島副総裁に入閣要請」との報道がありますが、全くの事実無根。何の要請もなかったとの事です。谷垣総裁は「謀略的ガセネタ」と激怒してます。誰が流したのか不明ですが、我々が全力で協力している中、酷い話です。

4時間前 @SekoHiroshige 世耕弘成

世耕のTwitteは12時ごろのものだ。
彼は自民党参院幹事長代理で、党執行部の一員である。
おそらく谷垣に直接確認したのだろう。

それにしても自民党総裁が原発問題担当で、副総裁が震災対策担当なんて誰が考え出したのだろう?
どちらも火の粉をかぶりやすいポストだ。
ヘタをすれば政治生命をなくす。
と同時に、自民党も沈没である。

こんな火急なポストを政府・与党から要請されて、受諾する野党首脳などいるわけがない。
受けたら党内求心力を一気になくす。
党内も大混乱する。
それを承知でガセネタを流した。
で、野党・自民党は協力要請を拒否したと…
原発問題と震災対策から逃げたと…
できすぎだよ!あまりにもできすぎ!!!

まさに“謀略”だな。
しかも、報じたメディアが右と見られている産経と大連立派の読売。
このあたりもよく仕組まれている。

そもそも、いかに非常時とはいえ、連立協議もなしに野党第一党のNo.1とNo.2に入閣要請すること事態がふざけている。
常識的にはありえない。
自民党は、政府と与野党すべてが参加する「東日本巨大地震災害対策与野党協議会(仮称)」の設置を提案している。
この中で、原発問題担当チーム、震災対策担当チームを立ち上げ、政府・与野党一体となって取り組むべきである。
そこにおいて、自民党議員が原発問題の、あるいは震災対策のリーダシップを取るということはありえる。

そもそも谷垣総裁が原発問題担当にふさわしいのか?
大島副総裁が震災対策担当にふさわしいのか?
それらを真剣に検討したのか?それさえ疑わしい。

いったい誰が仕掛けたのか分からないが、国家の非常時に政治を混乱させるようなガセネタを流すなんて絶対に許せない!

国難に政局を絡める策謀を許すな!!!

~文中敬称略~

あなたのクリックがこのブログの読者を増やしてくれます。
↓クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。

にほんブログ村

【追記】
菅が「謀略的ガセネタ」と言われないためのアリバイ作りをしたようだ。

菅直人首相は19日午後、自民党の谷垣禎一総裁に電話し、東日本大震災への対応に与野党一体で取り組むため、副総理兼東日本大震災復興担当相での入閣を要請した。谷垣氏は「応じられない」と断った。政府・民主党は18日に閣僚枠を3人増やす案を野党側に提案していた。

菅首相:谷垣・自民党総裁に入閣を要請、本人は断る
(毎日新聞 2011年3月19日 16時11分)

産経と読売がニュースを流したのは19日の未明。
世耕が、「謀略的ガセネタ」という谷垣総裁の怒りの言葉をTwitteしたのは19日の昼ごろ。
菅が谷垣に電話をしたのが19日の午後。
毎日がその事実を報じたのは19日16時11分。
やってることが、いかにも稚拙で、話にならない!
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/223-3898c705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。