スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大が世界の大学トップ10入り、上位はハーバードとMIT-英調査

3月10日(ブルームバーグ):英高等教育情報誌タイムズ・ハイアー・エデュケーションのために実施された世界の名門大学の調査で、米ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が上位2校となり、東京大学も10位以内に入った。
  タイムズ・ハイアー・エデュケーションによると、同誌初の学術的評判調査で、上位10大学のうち7校が米国の大学。トップ100では45校を米国が占めた。米国外のトップ10は英ケンブリッジ大学(3位)とオックスフォード大学(6位)に加え東京大学だった。米プリンストン大学は7位。同誌にデータを提供するトムソン・ロイターの委託でイプソス・メディアが調査をまとめた。
  同誌の年次ランキング担当エディターのフィル・バティー氏は発表文で、「学生と教授陣、事務官の獲得をめぐる競争がますます激化し、世界の最重要問題への答えが世界のあらゆる場所から優れた頭脳を結集することで得られる今の時代に、学術面での卓越性についての大学の評判は極めて重要だ」と指摘した。
  英国からは12大学がトップ100に入り、日本は5校が選ばれた。カナダとオーストラリア、ドイツ、オランダからは4校ずつが上位100に入った。
  調査は昨年実施され、131カ国の学術関係者1万3388人が対象。タイムズ・ハイアー・エデュケーションの最新の9月年次世界大学ランキング用に収集されたデータを利用してまとめられた。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/203-953f7cab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。