スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Evernoteで紙の講義録がゼロに

最近、手放せない!という方が多くなった
クラウド式のノート(写真メモ、動画メモ)Evernote。
無料でもほぼ不自由ない機能ですが、あまりの便利さに
私は最近有料プレミアムアカウントにアップグレードしました。

Evernote
http://www.evernote.com/about/intl/jp/


最近の私のコミュニティやブログの文章は
全てEvernoteに書いており、

Macから書いた文章を「同期」ボタンを押して
Evernoteのサーバーにアップ。

あとは外出先からMacでもWindowsでもiPhoneでも
Evernoteのアプリやウェブサイトで全てのメモが
閲覧・編集可能です。

だからデスクである程度書いておいて、
外出先でちょっと思いついたら修正する、
という作業を繰り返しています。

毎月5ドルのプレミアムアカウントであれば
ローカルにもきちんとデータが残るので
ブログのようにサーバーが飛んだら
手元にデータがない、なんてこともありません。


Evernoteは最近、講義録保存に大活躍しています。

私はそもそもほとんどメモを取る習慣がありません。
話を聞いているときは音声・言葉以上に
表情や雰囲気を大事にしたいからです。

しかし、やっぱり同時にメモを取れたら
「あれ何だったかな?」ということは減るのは事実。

そこで、iPhoneのEvernoteのアプリを起動させて
「スナップショット」でレジメを全部撮ります。
そのままEvernoteのサーバーにアップ。

モバイルで繋がったMacBook Airで同期をすると
その場でプロジェクターに映った文字を
認識・検索対象にしてくれるメモができあがります。

あとは自分の「気づき」を書き足して
「◯◯セミナー」などとメモをまとめて
タグ付けしておけばOK。


デジカメからも、無線通信に対応したSDカード、
Eye-fiを使えば、撮った写真を次々に
Evernoteにアップできます。

Eye-fi
http://www.eyefi.co.jp/

Pro X2のカードなら無線LANがないところでもアドホック接続で
直接無線でノートPCに落とせるようになっています。


同じセミナーを受けるならば、
その効果を最大限にしたいものですね。
またEvernote回りのことは書いていきます。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/182-099c28f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。