スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ不況も「相棒」独り勝ち 「ビジネスのヒントがつまっている」

 テレビ朝日系で放送中のドラマ「相棒」(水曜午後9時)の第9シーズンが、視聴率1ケタに沈む番組も多い“ドラマ不況”のなかで、独り勝ちの強さを発揮している。2月23日には全シーズン中最高の視聴率23.7%を記録。なぜ「相棒」は強いのか、その秘密を探った。(萩原万貴枝)

 ドラマは、頭が切れすぎて出世コースを外れ、窓際の特命係に配属された警部、杉下右京=水谷豊(58)=とその相棒の活躍を描く。

 平成14~17年のシーズン1~3は、裏に「トリビアの泉」(フジテレビ系)などの人気番組があったため苦戦する回もあったが、それでも平均視聴率は13%台。18年のシーズン5では16%台に上がり、映画化も実現した。今シーズンは放送された17話中10話が20%を突破し、まさに右肩上がりだ。

マンネリ排除

 ドラマ関連本を手がける辰巳出版の宮島和宏氏は、物語がマンネリ化していないことを好調の要因に挙げる。「警察内部の腐敗、政治経済が絡む硬派の事件から、家庭内のいざこざまで多種多様の事件が起き、そのすべてに右京が対応する。冒頭から犯人がわかっている『刑事コロンボ』パターンもあれば、最後に判明する回もありと視聴者を飽きさせない」

 右京の相棒の“交代劇”もマンネリ排除の象徴だ。21年のシーズン7の最終回から、相棒が寺脇康文(49)演じる人情派の亀山薫から、及川光博(41)演じる秀才の神戸尊(かんべ・たける)に変更。水谷は「バディもの(主人公が2人1組で活躍する作品)は頭脳派と肉体派という定説があるが、今は天才と秀才。守りに入らず攻めてきたことが長く続く一因では」と話す。

各世代にファン

 その水谷人気も当然、欠かせない要因だ。水谷は「傷だらけの天使」(昭和49年)、「熱中時代」(53年)、「刑事貴族」(平成2年)など約40年のキャリアの中で何度もブームを起こし、「その時々のファンが各世代に潜在的にいる」と宮島氏。

 テレ朝が「相棒」映画化の際、過去の放送回を集中的に再放送したことで「主婦ら潜在的なファンが掘り起こされ、人気持続の上で効果的だった」とも宮島氏は指摘する。

仕事に役立つ!?

 「相棒にはビジネスのヒントがつまっている」と話すのは、経済・経営分野を専門とするジャーナリストの勝見明氏(58)だ。

 「杉下には、他の人が気づかない手がかりを見つける知覚力、犯行の動機をつかむ洞察力、思いもつかない推理を導く仮説力、そして、あらゆる可能性と手段を駆使して解決する実現力がある」と分析。他の刑事ドラマより一連の流れが明確に描かれているとし、「これは仕事のプロセスそのもの。ビジネスマンの参考になる」と説明する。

 ゼネラルプロデューサーの松本基弘氏は「物語の展開を先行させるよりも、主人公たちがひとりの人間としてどう動くかに重点を置いている。これからも視聴者の期待に応えていきたい」と話している。

 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

                  ◇

 ■「あぶない刑事」「マイアミ・バイス」… 2人1組モノ、国内外で数多く

 「相棒」のように、主人公の刑事が2人1組で活躍する作品は、国内外でこれまで多く作られている。

 舘ひろし(60)と柴田恭兵(59)が共演した「あぶない刑事(デカ)」(日本テレビ系)は昭和61年以降、2度のテレビシリーズと特別番組、映画6本が作られるなど人気を集めた。ほかに松田優作(1949~89年)と中村雅俊(60)の「俺たちの勲章」(日テレ系、昭和50年)、国広富之(57)と松崎しげる(61)の「噂の刑事トミーとマツ」(TBS系、昭和54年)などがある。

 外国映画でも、「リーサル・ウェポン」(1987年)、「マイアミ・バイス」(2006年)などが有名だ。

 「相棒」の劇場版は平成20、22年に2作公開。テレビと映画が互いに人気を盛り上げ、話題作りを仕掛けるメディアミックス戦略も、現在のところ効果的なようだ。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/178-20ee6b9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。