スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JPモルガン:ツイッター3700億円と評価-VCファンド通じて投資

data.jpg  3月1日(ブルームバーグ):米銀JPモルガン・チェースは、米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)ツイッターの約4億ドル(約330億円)相当の株式を保有するファンドに出資した。ツイッターの企業価値を最大45億ドル(約3700億円)と評価している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。
  運用資産額10億ドル余りのこのファンドは、ツイッターの株主クリス・サッカ氏が運営し、資金調達の大部分にJPモルガンが責任を負う。関係者のうち2人が非公開の情報だとして匿名を条件に語った。
  ユーザーが簡易ブログ上に140字以内の「つぶやき」を書き込むツイッターは2006年の創業後、その人気の高まりとともにバリュエーション(株価評価)も上昇。関係者1人によれば、09年9月時点の企業価値の評価額は10億ドル相当だったが、米ベンチャーキャピタル(VC)クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(KPCB)などから2億ドルを調達した後、昨年12月時点では37億ドルと評価された。
  JPモルガンの投資運用部門は先月の監督当局への届け出で、最大12億2000万ドルのVCファンド向け資金を調達すると表明。一方、VCのアンドリーセン・ホロウィッツは先月、ツイッターへの8000万ドル余りの投資を明らかにした。JPモルガンとツイッターの広報担当、サッカ氏はいずれもコメントを控えている。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/141-cc5d35d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。