スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八百長はここから発覚! 消去しても復元できる携帯メール

【政治・経済】ゲンダイ 2011年2月3日 掲載
数十万円で請け負う業者
 携帯メールから発覚した力士の八百長。「なんで消さなかったのか」と思ったら、削除したメールを警視庁が復元していた。これはドキッとする話だ。携帯メールってそんな簡単に復元できてしまうのか?
 既にパソコンでは、「商談用の重要書類を誤って消去してしまった」というケースや経理データの復活などに対応するため、データ復元を専門に請け負っている業者がいる。携帯電話でも同様に、「水没してしまった電話番号リストをなんとか復活させたい」などというニーズがあるという。つまり、消去した携帯メールの復元も、専門業者に持ち込めば可能なのだ。
「データ復元には、1カ月程度の時間がかかり、料金は手数料などを含めて数十万円程度と聞いています。復元用のソフトウエアがかなり高価なので、個人で復元するのは現実的ではないですね」(ITジャーナリスト・井上トシユキ氏)
 では、秘密のメールを安全に送る方法はないのか?
「暗号化して送受信すれば、復元しても訳の分からない文字列になります。ただ、発信時間や発信相手はサーバーに残ってしまいます。何らかの証拠や痕跡が残ってしまうのがデジタルなのです」(井上トシユキ氏)
 くれぐれも足がつく表現は避けた方が無難だ。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://matsulink.blog95.fc2.com/tb.php/1-7c86f8e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。